小堀遠州の世界2018「ガーデンコンサート」(伊勢亀山・備中高梁文化交流事業)を開催

2018年10月25日 木曜日

 頼久寺ガーデンコンサート(同実行委員会主催・高梁地域づくり交流会主管、高梁商工会議所等後援)を、10月13日(土)に、高梁市の頼久寺で、国名勝庭園をライトアップして開催しました。江戸初期の備中国奉行・小堀遠州公を顕彰する、小堀遠州の世界2018の一環で23回目を迎えました。今回は、かめやま子ども能「輝」(三重県亀山市)と成羽備中神楽育成会(子供神楽・高梁市)に出演いただきました。三重県亀山市と高梁市は、伊勢亀山領主の板倉家と備中松山領主の石川家が江戸時代、転封で互いの領地を交換したという歴史的なつながりが深く、子ども能と子供神楽の競演を通じて「伊勢亀山・備中高梁」文化交流事業として両市の交流を促進していくことを目的に企画したものです。子ども能では、9人の子供たちが、竹生島、清経、吉野天人など8演目を勧世流能楽師竹田邦弘先生の謡に合わせ舞を舞いました。また、子供神楽では5人の子供たちが猿田彦の命、大蛇退治を舞い、両市の子供たちの熱演に大きな拍手がおくられていました。